胸や腹

鈍い痛みや差し込む痛みを我慢していませんか?

胸や腹の痛みは、8割がた内臓の異常が原因とされています。
痛みを我慢して、慢性的な症状になる前に痛みを解消しましょう。
早期の段階で対応すれば、胸や腹は回復の確立が格段に上がりますので
我慢をせず、直ぐに改善方法を見つけるか、専門の医師に相談しましょう。

胸や腹の健康豆知識

  • 日本人の食生活について

    海と山に恵まれた農耕民族である日本人の食は、主に魚や野菜、一部の動物肉と米が食生活を支えてきました。 これらの食物の接種は日本人の体の特徴にも現れており、体型は欧米人に比べ小柄で胴は長く筋肉の質量も多い方ではありません。 これらは日本の... 続きを読む

  • 喫煙のリスクと禁煙のメリット

    禁煙ブームや喫煙マナーが世の中で広まりつつある昨今、まだまだ喫煙者の数は少なくはありません。 喫煙者の健康を考えれば、家族などから禁煙を勧められるも、依存性が高い趣向品なのでなかなかタバコを止めるには難しいかと思います。止めるに止められず... 続きを読む

胸や腹のライフケア情報

このコンテンツは準備中、またはメンテナンス中です。

日本人の食生活について

海と山に恵まれた農耕民族である日本人の食は、主に魚や野菜、一部の動物肉と米が食生活を支えてきました。
これらの食物の接種は日本人の体の特徴にも現れており、体型は欧米人に比べ小柄で胴は長く筋肉の質量も多い方ではありません。
これらは日本の環境に合わせた進化で培ったものであり、環境に順応するために必要不可欠な事だったのです。
日本人の特徴として特に腸に関して、植物を摂取する事が多い日本人は、栄養を吸収しずらい食物繊維などから
エネルギーを吸収するには摂取した物を長く腸に留める必要がありました。
その為、肉を主に摂取していた欧米人の腸の長さに比べ、日本人の腸の長さは2メートル程長く進化し、
摂取した物を長くゆっくりと吸収する進化を獲得しました。
日本人はこの進化に合わせた食生活であれば、特に問題はないのですが
現代の食生活にこれを当てはめた場合、長く留める傾向にある腸に腐食しやすい肉類を摂取した時
長期滞留で腐食した肉で、腸内は炎症を起こします。これにより下痢や嘔吐や腹痛などを起こし、
長期にわたり摂取した場合、大腸がんやポリープなど重大な病気になる傾向にあります。
また、炎症箇所から体全体に血液として運ばれ、各内臓などにも悪影響を及ぼします。
現代の食生活に振り回されず、常に食生活を意識し
体の傾向と個々の性質に合わせた体調管理が必要となります。

上記の事から日本人のベストな食生活を考えた時、、吸収しやすい食物と言えば、
米やうどん、豆、もち、いも。発行食品で言えば味噌汁、納豆、梅。肉類は魚中心(肉は少量)などなど
お解りになるかと思いますが、殆どが日本人が主に食している食べ物なのです。
進化で会得した食生活を今こそ取り戻しましょう。

気になる箇所別検索