下半身

下半身の健康情報

腰から足のつま先までに関して、スポーツ障害や事故による怪我で痛みを我慢していませんか?
一時的な痛みから慢性的に痛みを伴うものなど、症状は様々ですが
違和感を感じたら直ぐに最寄の専門医療施設へご相談ください。
このページから、お住まい近くの医療機関をエリア検索できますので、是非ご利用下さい。

下半身の健康豆知識

  • 坐骨神経痛と症状の緩和方法

    良く聞く症状で坐骨神経痛と言う症例を聞いたことがある かと思います。この坐骨神経痛は病名ではありません。 坐骨神経を圧迫される事で起こる症状表現です。 下半身にある坐骨神経は、臀部から始まり、足の裏と 甲まで通っている神経で長さが1... 続きを読む

下半身のライフケア情報

  • 腰痛対策・腰の痛みに効く健康体操

    腰痛でお困りの方を良く耳にします。この痛みを和らげ、しかも簡単で苦にならずに続けられる体操をご紹介いたします。 腰を左右前後に3回 まず立った状態で腰を両手で支えます。そのまま腰を前え出します。次に右へ腰を出します。 そのまま... 続きを読む

坐骨神経痛と症状の緩和方法

良く聞く症状で坐骨神経痛と言う症例を聞いたことがある
かと思います。この坐骨神経痛は病名ではありません。
坐骨神経を圧迫される事で起こる症状表現です。
下半身にある坐骨神経は、臀部から始まり、足の裏と
甲まで通っている神経で長さが1メートル以上の長さで、
太さもあります。
役割は主に、歩いている状態のバランスをとるにあたって
信号が脳から脊髄を通ってこの坐骨神経に伝達されます。

坐骨神経痛は特に若い世代に多く見られ、腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群が主にあげられます。
また、高年齢層になると変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症などが症状として現れる傾向があり
特殊な症状として、脊髄腫瘍、骨盤内腫瘍などあげられ、この症状の場合は激痛が伴います。

症状の緩和方法

腰椎椎間板ヘルニア

若年層に多い腰椎椎間板ヘルニアの場合、下半身にかかる負担をなるべく減らし
患部を硬く固定する事。または、長時間、同じ姿勢形を維持しない事に注意してください。
この症状に関しては、とにかく安静が絶対です。

梨状筋症候群

この症状の痛みは緩和で、急激に痛む事はありません。しばらくして完治してしまう事もありますが
梨状筋症候群が原因で坐骨神経に圧力がかかり、痛みを伴う事があります。
この場合の原因は、ストレスでの影響が大きく、こちらも同じ姿勢や運動などの外的要因も挙げられます。
まずは、ストレスの原因を取り除き、安静にして、患部を入浴後にマッサージします。(専門の医療機関での手技をお勧めします)
更に、暖かい物を患部に当てておきましょう。それでも痛みが増すようでしたら、専門の医療機関へご相談下さい。

気になる箇所別検索